2016年11月5日土曜日

ミュージカルが好きだけど演劇やってみたら、いい感じでした。

掲示係です。
ミュージカルしたーい。
主にそんな気持ちでできている私たちです。

しかしながら、たまには演劇(ストレートプレイ)もやってみたい。
メンバー全員20代だし、合コンもやりたい。
だけど働きながら、もしくは大学生しながら全部やるのは時間が足りない。
そんなとき、劇団5-4は時間術の革命を思いつきました。
合コンがテーマの演劇やれば良いんじゃん。

これぞ、いわゆる、ライフハック。

ミュージカルが好きだけど演劇やってみた。
劇団広報の感想です。

劇団5-4演劇PROJECT「60」

歌わないって、どうよ。

ミュージカルと違って、ストレートプレイは歌わない。
当たり前のことが、私たちにとっては一大事。

そもそも劇団5-4の出会いは、琉球大学でミュージカルの制作・公演を行う授業でした。
琉大ミュージカルBlog

歌が歌いたくて集まったと言っても過言ではない。
それなのに演劇は、歌わない。
歌わずにどうやって観客へ伝えるのでしょうか。

歌詞が持つ力って大きいのでは?
誰しも好きな曲、心を動かされた歌詞があると思います。

劇団5-4ミュージカルの歌詞は、ありがたいことに大学生~20代の社会人に共感してもらえることが多いようです。
しかし、それを、封じた。
挑戦でした。観に来てくれたみなさんへ物語をしっかり届けるため、あらためて活舌を意識しました。なんて、初歩。
ちゃんと伝えきれたでしょうか。

初回公演で甘噛み連発だったのは今後の反省点。
(歌ったけどね、1曲だけ。)

踊らないって、どうよ。

そんなことはないか。ダンス演出を多用する演劇だってたくさんある。
まあ、沖縄の演劇では少ないような??

劇団5-4のキャストは比較的、ダンスが苦手。(2016年現在)
踊らないのはむしろラッキーだったかも。
もちろんミュージカル好きですから、ダンス嫌いな訳ではありません。
コッソリと練習中。

...わるくないかも。

筆者自身はどちらかと言えばミュージカルよりも演劇を好んでいます。
理由としては物語に集中しやすいから。
(ほんとか?)

いちいち歌うなよ、なんて感想がミュージカルあるある。
劇団5-4としては歌やダンスがない分、強い印象を与える構図や動きを心がけたり役作りへ時間を割いたり。

演技力向上の実践レッスンにもなったんじゃないかなと。

まとめ。演劇いいね!

ミュージカルが好きだけど演劇やってみたら。ふつーに楽しめました。
コメディとか言っといてダダ滑りしたらどうしようとか内心びくびくしつつも、結果的に劇団5-4史上最も笑いが起きていたような感触でした。
これが失笑ではないことを祈りつつ糧にしつつ、今後も劇団5-4は公演を続けていきたいと思います。
ご来場、誠にありがとうございました。
ストレートプレイさいこー。

ちなみに、次回はミュージカル公演がしたいです←