2015年8月30日日曜日

TTT ver.5 終演

掲示係です。
高安のたまりたまった短編集、無事に公演を終えることができました。


お陰様で満席となり嬉しい限りです。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


友情出演の、あっこ(右)
左のひとアブナイですね。
あっこは、年内にあと2つも舞台があるそうです。

色々な点で自由に使わせて頂けた、わが街の小劇場様にも感謝です。
貴劇場のますますの発展を心よりお祈り申し上げます。

2015年8月29日土曜日

今日は本番

劇団5-4 presents「TTT ver.5 」
〜高安の溜まりに溜まった短編集〜

8/29(土) つまり今日!開演です。
皆様のご来場をお待ちしております。

開演時間①15:00〜 ②19:00〜
(各回30分前開場)

場所:我が街の小劇場
那覇市松尾2-19-32

※当日券も若干ございますが、売り切れ次第販売終了とさせて頂きます。ご了承くださいませ。

2015年8月24日月曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ スタッフ

台風、沖縄それましたね。
社会人のみなさん、今週もチバっていきましょう。
週末はTTTを観ましょう。

表があれば裏がある
光あるところに影がある
キャストがいるならスタッフもいる

音響:金まな
静かに陰で舞台を支える裏方のカガミ。
でんぱなアイドルが好き。


照明:やまさき
暗すぎる。
果たして明転できるのか。


舞監:しんいち
現場が似合う系男子。
一年前より筋力が増えた。
タバコはechoからブレない芯のある男。芯一。


劇場でお待ちしております。

2015年8月23日日曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ その5

高校時代、半年間ほど帰宅部でした。
首里の坂道を50分かけて徒歩帰宅。
近道を探したり、渡る信号を逆算して歩くスピードを変えたりしてました。
その後、卒業式に後輩の見送りが欲しいと思ってバスケ部に入部しました(ユーレイ部員)
もしも公式な部活として帰宅部があったら、入部したかも。

TTT.ver5 プログラムNo.5
「帰宅部」

卒業式目前。
帰宅部の三年生はまだ部活動を続けていた。
高校生活最後の帰宅に向けて士気の上がる一方、不穏な空気も流れ始めていた。

キヨPさん(きよぷーさん)
ホラーではない。照れ隠しなのだ。
県外でパフォーマンスをしている彼が帰ってきた(8/22昨日)
間に合うのか。


あっこ
現役大学生。
離島から戻ってきたので、5-4ゲスト出演することに。
※牛は出演しません


その他、プログラムNo.1~4までのキャスト総出演。

青春を帰宅に捧げた者達の
集大成をかけた戦いが今、始まる。

2015年8月22日土曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ その4

人間がひとりじゃできないこと、なーんだ?
そうですね。産まれることですね。
しかしながら人はひとりで亡くなっていきます。
せめて生きてる間くらい、独りじゃなくありたいものです。

TTT.ver5 プログラムNo.4
「独り芝居」

とある病室。
若い男女。どうやら夫婦のようだ。
穏やかな会話。けれど、どことなく噛み合わない二人。

マキ
隠れ声量モンスター。
見るからに元気そうで絶対に病室にいないタイプ。
なぜか毎回色んな役を振られて苦労するタイプ。


知念リョウ
5-4外の舞台でも数多く主役を務める看板役者。
極度の人見知り。
好きなものはポケモン。


わたしたち人間は結局のところ、独りぼっちなのでしょうか。

2015年8月20日木曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ その3

某アニメ。こんな親子がいました。

父は、楽しかった昨日へ帰ろうとしました。
兄は、確かな今日にとどまりました。
弟は、何が起こるかも分からない明日を望みました。

あなたはどっち派?

TTT.ver5 プログラムNol.3
「鍋」

好きな仲間と、好きな部屋で、好きなもの食べて。
平凡な毎日。日常という幸せ。
ずっと続きますように。

とーま
走れメロスではない。
むしろ東南アジア寄りである。
どこにでもいる普通のタイ人は、どこにでもある日常に何を見るのか。


ごーし
アゼルバイジャン人。
遠い大陸から、業務用冷蔵庫を売りにきた。
異国の日常に何を思う。


カズノ
唯一の日本人。
三度の飯とアートが好きな、欲張りおねいさん。
大好きなお歌を封印し、お鍋を作るそうです。


人々は当たり前に朝がくると信じ、今夜も眠りにつきます。

そんな保証、どこにもないのに。

2015年8月19日水曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ その2

年をとり、大人になって、だんだん知識もついてきた。
そして、ようやく分かってきた。
世の中わかんないことだらけ。
ググれどもググれども、全部知るには人生あまりにも短すぎ。
生きる意味ってなんだろう。ネットにすら載ってない。
なんとなく絶望して、なんとなく人生をやめようと思ったこと、ありませんか。

TTT.ver5 プログラムNo.2
「わかんない」

集団自殺をするため、山奥のコテージに集った男女3人。
お互いの素性も分からないまま、彼らは人生を終えてしまうのか。

爆走系パツキン声量モンスター。
髪を黒く染め真面目に働く社会人となった彼女が、舞台で再び暴走する。


桐子
劇団5-4初登場。
ほんとは学生時代にやるはずだった5-4第二回本公演「アテンション・プリーズ!」の初代CA
ちなみに、桐は英語でポローニア。
主な用途はタンス。


ぐしこー(ぐしけんこうた)
5-4最年少。
異国情緒をただよわせ、非日常へお連れします。


個性豊かな3人を待ち受ける結末は、
劇場で見るまでわかんない。

2015年8月18日火曜日

短編集「TTT.ver5」の紹介だよ その1

TTT.ver5 プログラムNo.1
「ハードボイルド」

男には、絶対に負けられない戦いがある。
負ける可能性があるとしても、決して退けない戦いがある。
挑むのはアイツら

54
団ナンバー1の武闘派スポーツタイプ。
団長が自ら先陣を切り、過酷な戦いに身を投じる。
その手が掴むは勝利のみ。


Mija
団ナンバー1のトリックスター。
化ける範囲は、ひょうきんからクールまで。
お髭を剃って若返ったパーリピーポーに、向かうところ敵は無し。


高野
劇団5-4初参戦。
ニューカマーが美的センスを解き放つ。


勝利の女神は、誰に微笑むのか。

2015年8月3日月曜日

琉大ミュージカル観てきたー!

へい!

久しぶりのブログになります。
団長の高安です

8月2日、琉大ミュージカルの2015年公演を観てきました!
何を隠そう、われわれ劇団5-4は全員がこの琉大ミュージカル出身
要するにわれわれの原点ですね

しかも、今回はわれらが山咲が監督ですから
すごく楽しみにしてました

さてさて今回の演目は『Big Fish』
ティムバートンの映画が原作の、ファンタジーミュージカル

もうね

とにかくすごかったです

なんか・・・うん。プロみたいだった!

すごくすごく感動した!

ただただ素晴らしい舞台や

最初、「可愛い後輩たちだし、どんな出来でもたくさん祝福してあげよう」とか
勝手に「頑張ったで賞」の授賞式をしようとしてた自分が恥ずかしい!
完全にひいき目なしで良い舞台だったと思います

感動をありがとう

詳細はきっと他の人がまた記事にしてくれるだろう!

いやぁ。それにしてもすごかった
ストーリーもそうなんだけど、舞台全般を通して常に暖かさを感じる舞台でした

すごい
あんな舞台してみたいなぁ



・・・まぁ、俺らには俺らの舞台があるんだけどね笑
と、いうわけで!

今月の29日は、劇団5-4プレゼンツの短編演劇集『TTT!』です!




これから必死こいて練習せな笑

あんまり舞台観たことない人とかに観てほしい舞台です
舞台入門編!みたいな
チケット料金も500円と、新規様大歓迎プライスとなっております

劇団5-4、赤字覚悟による真夏の演劇祭を是非会場でご覧ください

ではまた☆

p.s.
業務連絡です
団員はそろそろ本腰入れてチケットをさばいてください笑